11月26日

エンティティの連携

エンティティに対して1対多の関係を持たせる場合は、@OneToMany と @ManyToOne のアノテーションを利用する。

MyData と MsgData を連携させた例はこちら。→ http://abc2015.satoshis.jp/?p=288

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です